なぜニキビってできるの?

大嫌い!でもできちゃうニキビ。どうしてニキビってできるのでしょう。防止、治療する上でもニキビのできるメカニズムを理解することは大切です。ここではニキビに関するアウトラインを紹介します。

●ニキビって何?

ニキビの正式な病名は尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)といいます。思春期以後に発症し、大部分の人が経験するものです。その意味では正常な皮膚変化なのですが、ひどいニキビはあばたを作りますし、女性では美容の面で精神的に大きな苦痛をもたらします。
ニキビをよく見ると、まん中に小さな毛があることがわかります。ニキビは毛を包んでいる毛包という組織の炎症です。ニキビは顔、胸、背中などに多く、これらの部位が好発部位です。


●若い人だけではなく大人もできる?

■若いひとのニキビ
思春期になると、性ホルモンの分泌が増えることにより,毛穴でのあぶら(皮脂)の分泌が盛んになるためです。しかし、日常生活のみだれなどでもニキビが起こりやすくなりますので、最近は成人でもニキビになる人が増えています。

■大人のニキビ
大人のニキビは皮脂の過剰分泌だけでなく、複数の原因が重なってできます。 ストレスや睡眠不足・化粧などが原因で、肌のトラブルが起こりやすくなります。


●ニキビってどうしてできる?

ニキビは毛穴にあぶら(皮脂)や汚れが詰まることから始まります。これを放っておくとニキビ菌が増え、白血球が毛包を攻撃して炎症を起こし、赤いニキビになってしまいます。