脱毛について Drからのアドバイス 自分でする脱毛を一時的脱毛 永久脱毛は専門医で 脱毛の方法いろいろ どうしてムダ毛って生えてくるの? Q&A

永久脱毛は専門医で

ちまたでは「永久脱毛」に関する広告・情報が氾濫していますが、どれが正しくて良い方法なのか、 どこで永久脱毛すればいいのか、判断に迷うことでしょう。実際トラブルも数多く発生しています。 ここでは永久脱毛に関するアウトラインと実際に永久脱毛を受ける際の手順などをご紹介します。

●永久脱毛?

毛根や毛乳頭が残っている限り、毛はまた生えてきます。逆に言えば毛根・毛乳頭を何らかの方法で処理してしまえば永久的に脱毛することができます。毛根・毛乳頭を破壊して永久的に毛が生えてこないように処理することを永久脱毛といいます。つまり皮膚の構造の一部が変わる事になります。
したがって永久脱毛を安易に考えず必ず経験のある医療機関で受けましょう。現在行われている永久脱毛の方法には電気脱毛とレーザー脱毛があります。


【電気脱毛】
1本ずつ丁寧に処理します。
絶縁針は個人ごとに
専用のものを使用します
【レーザー脱毛】
レーザー光はメラニン色素にだけ
当たります。

●永久脱毛は経験豊かな医師のもとで行うのが安心

電気脱毛、レーザー脱毛ともに長所、短所がありますので、私達のクリニックでは患者さんが納得するまで話し合い、徹底したカウンセリングを行っています。きれいな肌を保ちながら永久脱毛するためには、その人の健康状態、肌の様子を、的確に判断しながら処理できる、知識と経験が必要です。


●永久脱毛ってどうやってするの?

ここでは実際に永久脱毛をうけるまでの手順をご紹介します。

【カウンセリングの予約の電話をする】
まず、電話で予約をしてください。当日カウンセリングと同時にテスト脱毛も受けようと思っている方で 針脱毛の場合は、最低でも2〜3ミリ程度、毛を伸ばしておいてください。毛抜きなどの自己処理を中止して、 なるべく毛孔に毛がある状態で来院して下さい。



【カウンセリングを受ける】
ひとりひとりに合った脱毛の時間や回数、費用を知ることができるのがカウンセリングです。 中長期に渡り通院するわけですから、カウンセリングは重要。時間をかけて最善の方法を話し合い 納得した上で治療を受けることができます。私たちは脱毛のプロですから何でも相談してください。



【血液検査】
絶縁針式脱毛では、その名前の通り針を使って脱毛をします。もちろん、個人専用の針を使用し、脱毛も 医師または看護婦の資格を持っている者がしますので針による感染などの心配はありません。しかし、より安全性を要求するために 血液検査を行っていただきます。



【テスト脱毛】
テスト脱毛とは、脱毛したい部位のムダ毛を30〜50本くらい実際に脱毛してみて、痛みや脱毛後の皮フ反応などを 体験できるシステムです。実際に体験してみて、脱毛をするかやめるかここで判断することができます。不安を拭い去ってから 脱毛をしたほうが、精神的な負担も少なくなります。



【実際の脱毛】
脱毛を受けようと決めたら、電話で日時を予約します。当日の服装は、脱毛する部位を覆うような格好で着て来るか、 用意してきてください。