脱毛について Drからのアドバイス 自分でする脱毛を一時的脱毛 永久脱毛は専門医で 脱毛の方法いろいろ どうしてムダ毛って生えてくるの? Q&A

Q&A その1

脱毛に関するいろいろな疑問、質問にドクターがお答えするワンポイントアドバイスです。

┃その1へ ┃その2へその3へその4へその5へ

Q レーザー脱毛を行った当日に岩盤浴などに行っても良いものなんでしょうか?
A 脱毛後は肌が敏感になっています。発赤や痒みが出る場合もありますので、紫外線や激しい運動、加熱などは避けてください。当日は長時間の入浴やサウナ、岩盤浴などは避けた方が良いでしょう。
Q 16歳の娘が毛が濃く、自分で除毛しているのですが、肌が荒れたり血が出たりしているので脱毛を考えています。
この年齢で脱毛しても大丈夫なものなのでしょうか?
A 成長期であることを考えれば、成人に比べて回数はかかるかもしれません。が、自己処理の頻度も徐々に減ってきますので、肌状態も改善されると思います。腕など日に当たる場所でしたら日焼け対策が必要です。痛みはないとは言えませんので、テスト照射でどの程度なのか試されて、我慢できないようであれば麻酔クリームを使用することもできます。
Q ヒゲの脱毛をしたいのですが、脱毛後はしばらく皮膚が赤くなったり腫れたりするのでしょうか?
営業職なのであまり目立つと困るのですが。
A 当日少し赤味が残ることが多いのですが、個人差があるので1〜2時間ですぐに赤味がひく方と、翌日まで残る方がいらっしゃいます。機械のパワーの強弱は調整できますので、テスト脱毛で様子を見てから施術します。
Q 永久脱毛は本当に可能?
A 理論だけで言えば、毛包が完全に破壊された瞬間から「永久」と呼ぶことができます。逆に「何年たって毛が生えなければ永久である」と定義づけるのは困難です。永久という言葉を時間という概念で論じてしまうと、それこそ永久に答えは出ないのではないかと思います。
  日本では「永久脱毛=1本も毛のない状態」と考える人が大半です。しかし、アメリカでは美容院のように定期的に通う“ヘアーマネジメント”感覚で脱毛を考える人も多いのです。 例えばヤグレーザーという器械は、毛包を破壊することはできませんが、一時的に毛包を冬眠させることができます。しかし、日本で受け入れられる方法ではないためか、実際、脱毛に使われるのは、毛包を完全に破壊できるアレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーのふたつです。
 このふたつのレーザーでも、一度照射すれば休止期の毛を除いたすべての毛包が完全に破壊されるかというと、そうではありません。その日の毛の状態と器械の出力の関係で、完全に破壊されない毛包がいくつか残っていると考えるのが自然です。しかし、これまでの例から言っても、毛の再生率はそれほど高くないと考えています。
 また、人間の身体に備わっている自然治癒力で、破壊された毛包が再生する可能性があると唱えられていた時期もありましたが、自然に抜けて薄くなった頭髪を蘇らせるのが非常に困難であることから考えると、意図的に破壊した毛包が再生する可能性はほとんどゼロに等しいのではないかと思います。
 いずれにしても永久脱毛は、皮膚の中3〜4ミリぐらいのところにある毛包を破壊することなので、目で見て確認することができません。これも、脱毛の難しさの一因です。経験豊かな脱毛医であれば、その人の肌や毛質に合わせて器械の出力を調整し、ほぼ確実な脱毛をおこなうことができます。満足のいく脱毛をするためには、クリニック選びが重要になってくると言えるでしょう。
Q 今話題になっている、医療レーザー脱毛法について教えてください。例えば 針脱毛との違いは?
A 痛みが少なく、剃ったまま脱毛できる医療レーザーによる脱毛法はアメリカで開発された画期的な脱毛法で、医療機関でのみ行える安全な脱毛法です。針脱毛に比べて痛みが少なく低料金、処理時間も早いのが特徴です。特に、針脱毛を行うには毛を伸ばす必要がありますが、レーザー脱毛は毛根に直接はたらきかけるため、剃毛したままの状態でも脱毛することができます。
 レーザー脱毛には、黒い色素に集中する特殊なレーザーを使います。このレーザーを毛根や毛包(毛根を包んでいる部分)、毛乳頭に照射することで毛の再生力を弱め、あるいは活動を停止させます。皮膚への影響はありません。ただし、もともと肌の黒い人や極度に日焼けした部分、乳輪、外陰部などにはレーザー光が作用し、軽いやけどを起こすことがあります。こうした部分については、針脱毛を併用して対応しています。
 処理時間は毛の量にかかわらず、1秒の照射で約1cm2の毛を処理することができます。そのため、照射時間は両腋で約10分と短いものです。
 レーザー脱毛は4週〜8週の期間をおいて何回か行います。これは、前回のレーザー照射時に休止期にあった毛包で、再び毛が生えてきたところにレーザーを照射するためです。個人差はありますが、通常は6〜8回で脱毛は完了します。
 今のところレーザー脱毛ではすべての毛を永久脱毛することはできないかもしれません。ただし、処置を行ったところに再び毛が生えても、たいていは産毛が少し生えるぐらいです。そういう点では他のいわゆる永久脱毛法に比べ、より自 然に近い状態をつくりだす脱毛法とも言えるでしょう。